朝顔に つるべ取られて もらい水

b0149692_103416.jpg

夜間撮影が終わって、帰ろうとしたら自転車に来客が。
羽が乾くまで小一時間待ってました。

待っていると、警官から職務質問。

ようやく家に帰ると、自分の背中でも蝉が羽化してました。 待ってる間に登ったらしい><

そんな一日。
[PR]
by al-fons | 2009-07-16 01:02 | | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://gryphin.exblog.jp/tb/11518579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by アキラ at 2009-07-16 21:02 x
おもしろすぎます!!

「そんな人生」といっても過言ではないかも!?
Commented by へろへろ at 2009-07-18 12:22 x
アハハハ、職質にあいましたかーー!
なんて説明をされたのか興味あります(^▽^)
背中のセミちゃんは、無事に乾きましたか?
Commented by sora at 2009-07-19 17:15 x
そんなことってあるんですね~^^;
自転車にお客さんが来るだけでも珍しいのに、職質なんて・・・
職質したおまわりさんの方が びっくりしたのでは?
背中に上ってきたセミには気づかなかったのですか?
Commented by al-fons at 2009-07-19 22:42
>アキラさん
虫にまつわるエピソードしかない人生もどうかと思います。

>へろんさま
毎年3回ぐらいは受けるので、慣れました。
蝉を指さし、「セミです」と言うと「邪魔してすみません」(ヘッドライトを向けていたので)と帰っていきました。明かに善人顔だったからでしょう。
Commented by al-fons at 2009-07-19 22:46
>soraさま
自転車はいったいどうやって登ったのか、ナゾです。
羽化の撮影に入ると小一時間座ったままなのと集中しているのとで
気づきませんでした。肩幅があるので「安心する背中」なのだと思います。
Commented by sora at 2009-07-19 23:27 x
年に3回も職質、受けるんですか?
ある意味、すごいですね・・・^^;
私には、そんなal-fonsさんがナゾです。
よほど頼りがいのある背中なんですね、虫さんに・・・
Commented by al-fons at 2009-07-20 22:09
どうしても夜しか撮影できない被写体がありますので><

自分では至って普通だと思っているのですが…どうやら違うのでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード
<< ネムノキとニジ 黄金虫(コガネムシ) >>