小さないのち

11/27 兵庫県 龍野市 龍野城
落葉がすすむなか、ひらひらと妖精のように木々の間を舞っていました。
b0149692_7154867.jpg

Olympus E-5  LEICA AME 100 mm
[PR]
by al-fons | 2011-11-29 07:16 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gryphin.exblog.jp/tb/17123877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by アキラ at 2011-11-29 21:19 x
あえて鮮やかさのない黄色が、
季節の終わりというべき寂しさを演出しているようですね。
このガもあとどれだけ生きられるのか?
Commented by kame3z at 2011-11-29 23:13
いつの間にかコオロギの鳴き声も絶え、活動している虫もごく少数になってきましたね。。。
蝶類ではシシミチョウくらいでしょうか ?!
この蛾は越冬するタイプなのでしょうか ?
多分、ヤガの仲間かと思うのですが。。。
Commented by smashige at 2011-12-03 18:59
美しい蛾ですね。。
マエアカスカシノメイガですか。。
こういう色合いが好きです。
Commented by al-fons at 2011-12-04 19:46
>アキラさん
ありがとうございます。
撮り続けた虫たちは、私の心の中に生きつづけています。

>フォトンさん
蛾やハエ類しか撮るものが無くなってきました。
蛾の種類には詳しくないのですが、このタイプの蛾、カマキリに
よく食べられてるのを見ます。

>smashigeさん
名前をありがとうございます。
動きがコミカルで見ていて飽きません。
名前
URL
削除用パスワード
<< 甲山 のぞき窓 >>